注目の仮想通貨イーサリアム | イーサリアムの仕組みがすごい!

注目の仮想通貨イーサリアム

この記事を読んでいる皆さんの多くは仮想通貨の取引に興味を持っていると思いますが、仮想通貨の取引は今日本だけでなく世界中でブームとなっており、各地で日々取引が行われています。
インターネットの大幅な普及によってこういった取引は非常にやりやすくなりましたし、仮想通貨の取引は正に現代のテクノロジーに合ったやり方のひとつと言えるでしょう。
これまで株やFXの取引を経験している人が仮想通貨に着目して乗り換えるケースも頻繁にありますが、中には株やFXの経験がない人もチャレンジする人がいて、いかに仮想通貨の注目度が高いかが伺えます。
▼ 目次

仮想通貨って何?

仮想通貨の取引はビットコインの誕生によってはじまり、今次の段階へステップアップしようとしています。
そこで覚えておいて欲しいのがアルトコイン、いわゆるビットコイン以外の仮想通貨のことで、これから仮想通貨の取引をする人はアルトコインについてもしっかり情報収集しておいたほうが選択肢も広がり取引も充実させられるでしょう。
中でも注目のアルトコインと言えばイーサリアムで、イーサリアムは時価総額がビットコインに次いで現在世界第2位の仮想通貨で、アルトコインを学ぶならまずイーサリアムに着目するのがいいでしょう。

その前に仮想通貨って何?取引ってどこでするの?という人のために、仮想通貨とは何か、取引はどのようにして行うのか説明していきます。
仮想通貨とはその名の通り存在しない通貨のことで、もともとはインターネット上で使える通貨として生まれたものです。
古くはオンラインゲーム内でのアイテムの売買に使われるものや、コミュニティサイトのチップなど限定的に利用されるものだったのですが、2009年にビットコインが誕生して以来現在の仮想通貨の認識が広まっていきます。

ビットコインって何?

ビットコインはもともとサトシ・ナカモトという人物の論文を見て有志で集まってきたプログラマーによって開発が進められたもので、通貨として使用できることを目的に作りました。
ビットコインが仮想通貨としての取引を成立させたのは2015年の8月で、このときはフロリダでプログラマーがピザの注文をする際にビットコインによる決済をしたことがはじまりだとされています。
ここから仮想通貨が本当の意味で通貨として使われはじめ、徐々に私たちの生活に浸透していきます。

ビットコインのメリットはまず決済手段としていろいろな場所で使えることがあげられ、インターネットショッピングはもちろん店舗でもビットコインでの決済が対応している場所でなら決済することができます。
それだけでなく、ビットコインは世界中の通貨に対応しているということもあって、海外への送金にも大変便利です。
国内の銀行から海外へ送金するとなると、一旦日本円を海外の通貨に変換させなければいけませんし、送金手続きが銀行が営業しているときでなければできません。
さらに手数料も日数もかかってしまいますので、送金スピードという面では大きなマイナスになります。

しかしビットコインなら日時問わず即時に送金することが可能なので、緊急時の送金にもとても便利ですし、世界中で使うことができるので面倒な手続きをする必要もありません。
これはビットコインに限らず仮想通貨の大きなメリットでもありますから、今後仮想通貨が人々により浸透していけば現金やクレジットカードに変わる最先端でスタンダードな通貨として定着する可能性を秘めています。

仮想通貨取引所って何?

そして仮想通貨の取引を行うためには仮想通貨取引所を通じて行いますが、仮想通貨取引所とは株でいうところの信託銀行や証券取引所のような存在です。
ここで仮想通貨の取引の手続きを行ったり、価格や相場のチェックをすることも可能ですから、仮想通貨取引所はすべての取引の拠点となります。

ひとつ覚えておいて欲しいのが仮想通貨取引所はそれぞれ特徴が異なるという点で、これは証券取引所や信託銀行よりももっと分かりやすくなっています。
つまりどこの仮想通貨取引所を利用するかが大きなポイントになりますから、仮想通貨の取引をするときには仮想通貨についてだけでなく仮想通貨取引所の情報収集も怠らない様にしなければなりません。

次に先ほどお話したイーサリアムの件についてですが、イーサリアムはビットコインに次ぐ仮想通貨として大変注目を集めており、実際に取引で利益を出している人も増えています。
イーサリアムの特徴は大きく分けて2つあって、まずひとつは「スマートコントラクト」というシステム、もうひとつは多くの大企業から支持を集めているという信頼性です。

まずスマートコントラクトについて説明すると、これは簡単に言えば取引の際に行われる契約を自動的に実行したり保存してくれるシステムのことで、その情報は半永久的に残しておくことができます。
つまりそれほど頻繁ではないものの、支払いがある場合は前もって予約しておけば自動的に決済をしてくれてその内容を保存しておいてくれるのです。
たとえば保険料の支払いなどの場合一年に一回だけ支払うものもありますが、そういった支払いも自動的に行ってくれます。
ただ支払いをしたという結果だけではなく、支払いすることによってどのような結果になるのかという部分まで保存できるので、非常に革新的なシステムと言えるでしょう。

さらにイーサリアムはたくさんの大企業から支持を集めており、イーサリアム連盟に加盟している企業は国内企業ならKDDIやトヨタ、三菱UFJ銀行があげられますし、海外企業ならマイクロソフトやアクセンチュア、クレディスイス、JPモルガンといった誰でも知っている企業ばかりです。
このように多くの有名企業がイーサリアムに賛同しているということはそれだけ将来性を見込んでいる証拠でもありますし、世界的な知名度を高めているということになります。

という事は今後イーサリアムは間違いなく成長していくでしょうし、現在はビットコインが時価総額1位に君臨しているものの、近い将来逆転することだって夢ではありませんし、そうなれば仮想通貨は次のステップに進んでいくでしょう。
このように仮想通貨は日々変化していっていることを覚えておいてください。