イーサリアムとビットコイン | イーサリアムの仕組みがすごい!

Home » イーサリアム » イーサリアムとビットコイン

イーサリアムとビットコイン

世界中で大ブームとなっている仮想通貨ですが、日本でもたくさんの人が取引をしており、中には大きな成功を収めている人もいます。
仮想通貨ブームのきっかけになったのはビットコインで、これは世界初の仮想通貨として2009年に誕生しました。
もともと仮想通貨と言えばオンラインゲーム内でアイテムを売買するときに使われたり、コミュニティサイトのチップとして使うなど限定的な使い方をするものという認識で、この頃にはまだ仮想通貨というワードすらありませんでした。
それがビットコインの誕生と同時に仮想通貨というワードが生まれ、その利便性に注目した人たちが少しずつ広めていき、今ある仮想通貨ブームを引き起こいているのです。

ビットコインはもともとサトシ・ナカモトという人物の論文が発表されたことがきっかけになっていて、この論文を読んだプログラマーが有志で集まって開発し、2009年に誕生しました。
はじめて取引が成立したのは2015年で、このときはピザの注文にビットコインを使ったそうです。

ビットコインは決済手段として非常に優秀で、世界中どこでも即時に送金できるという強みを持っており、これは銀行から送金するよりもずっとスピーディですし海外に住む家族への送金や災害時への支援金にも活用できます。
ほかにもインターネットショッピングの際の決済にも使えますし、ビットコインに対応している店舗でも使えます。
このようにビットコインの価値が高まったからこそ、仮想通貨の取引にも価値が生まれたわけですしビットコインの功績は非常に大きいと言えるでしょう。

そして仮想通貨はすでに次の段階へ進んでおり、今注目の仮想通貨としてイーサリアムというものがあります。
イーサリアムは現在ビットコインに次ぐ世界第2位の時価総額を誇っていますが、今後ビットコインを凌ぐ可能性もあると言われています。
ただビットコインとイーサリアムは目的が異なるので、どちらも生き残っていくことは間違いありません。

ビットコインが決済手段である一方で、イーサリアムは開発の為のプラットホームという位置づけで、多くの人がアプリケーションを利用して開発・サービス提供に携わることができます。
つまりイーサリアムの発展にたくさんの人が関われるので、それによって大きな成長が見込めますし利用するためにはイーサリアムへ手数料を支払うので利用者が増えれば価値も高まるというシステムになっているのです。

イーサリアム