イーサリアムとリスク | イーサリアムの仕組みがすごい!

Home » イーサリアム » イーサリアムとリスク

イーサリアムとリスク

現在、仮想通貨の取引をしている人の中には新たにアルトコインの取引にチャレンジしたいと考えている人も多いと思います。
アルトコインとはビットコイン以外の仮想通貨のことで、ビットコインはすべての仮想通貨の基礎通貨となるものですが、今や少しずつ下火になっているとも言われており、新たに将来性のあるアルトコインの情報収集をはじめている人が増えているのです。

アルトコインの中でももっとも注目度が高いのが「イーサリアム」という仮想通貨で、これは現在時価総額世界2位に位置しており、ビットコインに迫る勢いがあります。
当然ながらイーサリアムの取引にチャレンジする人は増えていますが、その背景にはイーサリアムの特徴がとても魅力的だというのもあります。
イーサリアムのもっとも大きな特徴である「スマートコントラクト」というシステムは、契約事項を自動的に実行・保存してくれるシステムのことで、このシステムを利用すれば契約内容の細かい部分まで半永久的に保存でき、いつでも確認できます。

たとえばデジタルコンテンツで音楽をダウンロード購入する場合、ビットコインで購入すると「デジタルコンテンツにお金を支払ったこと」のみが記録されますが、スマートコントラクトであれば「デジタルコンテンツでどの音楽にお金を支払ったのか」まで保存できるのです。
このシステムを利用すれば契約によってトラブルが起こる可能性も低くなりますし、何に使ったのかもきちんと確認できます。

そしてイーサリアムとよく比較される仮想通貨の中に「リスク」と呼ばれるものがあります。
この2つはよく似ている仮想通貨と言われますが、実際には異なる点がいくつもあります。
たとえばイーサリアムには新規発行の減少は設定されていませんが、リスクでは1年ごとに新規発行量が減少していきますので、発行数が年によって異なることもあります。

またイーサリアムはメインのブロックチェーンでDAppsを作りますが、リスクではサイドチェーンと呼ばれるメインのブロックチェーンとは別のブロックチェーンでDAppsを作りますので、メインのブロックチェーンとは別のブロックチェーンを作りだすことができます。

またプログラミング言語も違いますし、そもそもの目的が異なるので比較しても実はあまり意味がありません。
重要なことはそれぞれの強みはどこなのかを把握し、自分に合った仮想通貨を見つけて取引することではないでしょうか?

イーサリアム